第10話

結婚相手
104
2018/09/08 11:28
絢瀬家にて
お母様
あなたには失望したわ
れいら
れいら
嫌!神楽くんのところに行かせて
お父様
麗蘭には相応しい相手がいるんだよ
明日改めてお見えになるそうだ
お母様
それまで部屋で反省してなさい
バタン🚪
れいら
れいら
…………神楽くん……
次の日
お父様
麗蘭
れいら
れいら
学校へ行かせて
お母様
いいえ
学校へは行かせません
れいら
れいら
……
お父様
お見えになったよ
お母様
そうですね、着いてきなさい
れいら
れいら
………………はい
お父様
こちらが結構相手の柊様だ
ソウマ
ソウマ
柊颯真(ヒイラギソウマ)です
よろしくお願いします😊✨
神楽くんとは違う


言ったら悪いけど胡散臭い笑顔……


何考えてるのか本心が見えない感じの人だ
れいら
れいら
絢瀬…………麗蘭です
めいど
今からお二人で対談ですので
は?


いやいやいや……そういう気分じゃないですし
でも昨日のことがあるから断れるわけもなく
言われるがまま対談


対談とは言っても始まってから一言も喋ってない
れいら
れいら
チラッ
ソウマ
ソウマ
!!
😊✨ニコ
れいら
れいら
………💦
目あった……
ソウマ
ソウマ
君は喋りベタなの?
それともただ単に愛想がないの?
れいら
れいら
……
自分じゃわからないです
ソウマ
ソウマ
機嫌悪いの?
れいら
れいら
別に……悪くないです(嘘)
ソウマ
ソウマ
嘘つくの下手だね
れいら
れいら
……
ソウマ
ソウマ
その感じだと僕と結婚するの
乗り気じゃないよね
れいら
れいら
…………あなたはどうですか?
ソウマ
ソウマ
……うーん
僕は別にいいけど?
れいら
れいら
どうしてそう簡単に受け入れられるのですか?普通…会ったこともなかった人と結婚しろって言われたら……
ソウマ
ソウマ
仕方ないんだよ。
そういう家系に生まれてきたんだから
れいら
れいら
……
ソウマ
ソウマ
生まれる家は選べない
自分の立場は早いとこ
理解しとかないとね
れいら
れいら
学校は行ってますか?
ソウマ
ソウマ
行ってるよ。ちょくちょくだけどね
れいら
れいら
……
ソウマ
ソウマ
君は行ってないの?
れいら
れいら
親との規則を破ってしまって
しばらく行けないそうです
あぁ……そうだ……


神楽くんとはしばらく会えなくなるんだ


隣の席で会うのはもう無理かもなんだ……


ポロポロ(´•ω•̥`)
ソウマ
ソウマ
!?
れいら
れいら
すみません……
考えると涙が出てきて
ソウマ
ソウマ
……大変だったんだね…
そう言うと柊くんは立ち上がりこちらに歩いてきた
ソウマ
ソウマ
大丈夫……
そう言って私に横からハグをした


頭を胸に寄せ付けるような感じで
ソウマ
ソウマ
…………ヨシヨシ…
私の頭を撫でた
ソウマ
ソウマ
涙止まった?
れいら
れいら
((・・、*)コク
ソウマ
ソウマ
泣き出すなんてよっぽどなんだね
好きな人でもいたの?
れいら
れいら
はい……
ソウマ
ソウマ
そいつのどんなとこが好きなの?
!?……


そこまで言わなきゃダメ?


でも慰めてもらったしな…


頼んでないけど
れいら
れいら
いつも私の背中を押してくれるんです
応援してくれるんです
赤の他人なのに、、、それが嬉しくて
ソウマ
ソウマ
そっか……
そろそろ時間だね
れいら
れいら
……
ソウマ
ソウマ
もう1つ聞いてもいいかな?
れいら
れいら
ソウマ
ソウマ
僕のことは眼中に無い?
れいら
れいら
……
まだ会って間もないので
なんとも言えません
でも少なくとも私の1番は
その人だけですから
ソウマ
ソウマ
………………
めいど
失礼致します
お時間でございます
ソウマ
ソウマ
わかった、すぐ行くよ
コンコン
ガチャ
ソウマ
ソウマ
僕は1人だけが特別なんてありえないと思うな
れいら
れいら
……それはわかりません
でも今は1人です
ソウマ
ソウマ
ふーん、なんか僕の結婚相手なのに僕のこと眼中にもないってすっごい……ムカつくな
れいら
れいら
……!?
ソウマ
ソウマ
じゃぁ今日は帰るね
明日ドレス選びにでも行こうか
れいら
れいら
…………はい……
その日の対談は終了した


最後の言葉なんとなく……柊くんの本心って感じ


隠してたのを少し見せてくれた気がする
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
作者


なんか書いてるうちに思ったんですけど
お父さんお母さんの強さが逆転してますね
お母さん怒らせると怖いw


いきなりなんですがアンケートとります
※少し話の内容変わるかもです

神楽くんと柊くんどっちが好きですか?

❶ 神楽くん
❷ 柊くん


お待ちしてまーす!



プリ小説オーディオドラマ