無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

9,430
2019/04/09

第29話

るぅころ(学園1)
ころん視点




ピーンポーンパーンポーン
ころん
はぁ…疲れたぁぁぁぁ
るぅと
ころんくん、また教科書忘れてましたよね?w
ころん
そうなんだよぉぉ
今、喋っているのは(るぅとくん)
僕の…初恋の相手だ

思い出せば、中学生の頃だったと思う。
僕は、るぅとくんとは昔からの友達だったから小中は、同じだった

今は高校生。僕よりも頭がいいるぅとくんは、育ちもやはりいい。
まぁ、つまりは偏差値の高い高校に行くっていうこと。それを聞いた時僕はなぜか机に向かって勉強をしていた

そして、そのあと何とかるぅとくんと同じ学校に合格

今がある
るぅと
こ………ん?

ころ…ゃ…?
ころん
……
るぅと
ころちゃん!
ころん
うぉぉ!?
るぅと
どうしたんですか?
熱でもあるんですか?
ころん
え?いや、全然大丈夫だよ
ちょっと考え事してただけだからw
るぅと
そうですか…