無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

137
2020/08/04

第3話

さーん
(なまえ)
あなた
はあ、間に合った!
担任)いや、お前ら遅刻!
あとで準備手伝えー
(なまえ)
あなた
えぇ〜
翔太
翔太
いや、あなたがおきなかったのが悪いから、俺無し!
(なまえ)
あなた
えっ、なにそれ!ずるい!
担任) 2人とも遅刻だから、2人とも手伝え
(なまえ)
あなた
はぁーい
翔太
翔太
あなた、あなた!
帰りさ?駅前の近くにできたカフェしってる?そこよらねぇ?
(なまえ)
あなた
えっ!しらない!
行きたい!行きたい!
翔太
翔太
じゃ、手伝い早く終わらせよーぜ!
(なまえ)
あなた
そーしよ!
かふぇー
(なまえ)
あなた
やっと終わった!
(なまえ)
あなた
何頼む?
翔太
翔太
うーん、なんでもいいよ
(なまえ)
あなた
じゃあ、タピオカミルクティー2個とふわふわすふれのパンケーキで!
定員)かしこまりました!
はい!どうぞ
(なまえ)
あなた
うわぁ!
翔太
翔太
うわっ!