第10話

田島将吾
1,241
2021/08/16 17:30







友『今日、彼氏のとこ遊びに行きなよ笑』




















나
え?
나
でも .. 将吾君に迷惑じゃない ?






友『そんなことないって!』

























友『昼休み行ってきな !! 』












나
う , うん ~

















私の彼氏は1つ上の先輩。


















将吾君は凄く優しいから凄くモテる

















そんな人の彼女でいいのか、…。


























_昼休み
























友達に押され、3年の教室の前に行く





























将吾君のクラス前についたけれど
恥ずかしくて呼び出せれない






















う 〜
























私はドアからにょきっと顔だけを出し ,
















나
.. たじくんっ .. ?














ついたじ呼びしてしまった

























奥の方で固まってるから ,
気づいてくれるかなと考えていると


























将吾君が私の声に気づき ,















ほかの男子にいじられながらも
こっちに来る .


















将吾
将吾
あなた ~ 逢いに来てくれたの ? 
나
うん !!
将吾
将吾
嬉しい ~~~ ♡










語尾にハートなんか付けながら
私を包み込む ,



















みんな見ているから , 将吾君の友達が
凄く楽しそうにこっちを見てる




















나
将吾君 , みんな見てるから .. /
将吾
将吾
え ~ ..
将吾
将吾
みんな 〜 見ないで ~ !!
将吾
将吾
あっ、見る?
将吾
将吾
かわいいよ ?
 





どっちだよ


















将吾君が意見をコロコロ変えてると
お友達さんが寄ってきた
























柾哉
柾哉
えかわいい ~ !!
将吾
将吾
なんかやだな ~ .. ?
洸人
洸人
ね、彼女ちゃん、
洸人
洸人
たじっていつもどんな感じなの ? 笑







チャラそうな先輩が聞いてくる




















どう答えれば正解なんだろう ..




















나
え ッ .. と ..
나
や , 優しい .. です .. ?
洸人
洸人
あ、緊張してた!?
柾哉
柾哉
洸人 ~ その見た目だからそりゃ緊張する
洸人
洸人
えっ
将吾
将吾
あなた困らせないで ~ !!
洸人
洸人
えぇ ~ ..
나
え、あ、ごめんなさい .. 
나
私人見知りだから .. 笑 
洸人
洸人
人見知りの方が安心するくね ?!
洸人
洸人
変に男絡み多くならないだろうし ..
将吾
将吾
あなたは俺に一途だから大丈夫だよ
나
…… /
柾哉
柾哉
赤い 笑 
나
も , もう帰ります .. !! 
나
またね , 将吾君 !!













小さく手を振って少し走る






















はぁ .. なんか緊張した ..




















階段でとぼとぼ歩いていると ,
急に身体が止まった





















나
えっ .. 将吾君 ?
将吾
将吾
待ってよ ~ .. 
将吾
将吾
ごめん .. 驚いちゃった ? あの二人 ..
나
いや .. 全然 !! 
将吾
将吾
そっか .. でもこれからは2人ね !!
나
えへへ、うん!
나
じゃあまた放課後!
将吾
将吾
うん!またね笑












ぎゅっ
































end


''おまけ''








家に帰ってインスタを開いたら








*西洸人 、 김 、にフォローされました*













と来ていたので将吾君に誰か聞いたら







今日のお2人だったらしい 。












フォローを返して、2人のプロフィールを
少し覗くとフォロワー600人のフォロー中200人













フォロー返されちゃってよかったのかに
不安になりました。




















end






















プリ小説オーディオドラマ