無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第17話

ストーリー…17
数日後…会社に書き留めが私宛で届いた。
松本潤
松本潤
みずき、書き留め届いたけど…
嶋川みずき
嶋川みずき
私に?変だな、ここに居る事誰にも言ってないのに…
まして、差し出し人の名前も…覚えないし…潤ありがとう😊
私は書き留めを開けて、中に入ったいた手紙とSDカードが入っていた。
私は手紙を読み始めた。その手紙には、木村達の事が細く書いてあった。
そして、SDカードを見た。

嶋川みずき
嶋川みずき
みんな…木村達のこれからする事が全部わかったよ!
メンバー全員
メンバー全員
えっ?
大野智
大野智
みずき、どう言う事?
嶋川みずき
嶋川みずき
今届いた書き留めが教えてくれました。
二宮和也
二宮和也
書き留めが教えてくれた?
嶋川みずき
嶋川みずき
そう…書き留めの差し出し人…この名前は、偽名です。相葉ちゃん、手紙の字に見覚えない?
相葉雅紀
相葉雅紀
えっ?ちょっと見せて…

みずき…これ…
嶋川みずき
嶋川みずき
そう、尾崎の字
松本潤
松本潤
尾崎さんって、前の担当だった人だよな?
大野智
大野智
そうだ。確か急に退職したって言ってなかったか?
二宮和也
二宮和也
どう言う事だ?
嶋川みずき
嶋川みずき
尾崎の存在が邪魔になった…だから排除したって事
櫻井翔
櫻井翔
排除って…
嶋川みずき
嶋川みずき
木村は、仕事していく上で尾崎は右腕だった。でも、尾崎の方が仕事の力はあった。新しく会社を立ち上げた時に、もちろん尾崎も一緒だったはず。でも、どこかで歯車が狂い出した。それで木村は尾崎の存在が邪魔になって排除した。
大野智
大野智
尾崎さんは、その後?
嶋川みずき
嶋川みずき
行方は分からなくなった…
その時、玄関のドアから大きな音が鳴り響いた!

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

k.m.t
k.m.t
嵐が大好き❤️
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る