無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第34話

ストーリー34
木村は、その場でデータを見た!
《おい、これどう言う事だ…》
嶋川みずき
嶋川みずき
あら?何かあった?
《何かあったじゃない…お前、騙したな》
嶋川みずき
嶋川みずき
騙した?ちょっと順番間違ってない?
あんたが私を先に騙してはずだけど…
悪いけど、私は、あんたの片棒を担ぐ気なんてないし女になるなんて真っ平ゴメン!
《お前、データをどこにやった?》
大野智
大野智
データなら、俺達が持ってる
《お前達…おい、こいつら、やってしまえ!》
嶋川みずき
嶋川みずき
やっと本性出したね!待ってたよ!
そうじゃなきゃ…
《お前…みんな、殺してやる!》
しばらく格闘が続いた…

《お前だけは絶対に許さない…この俺を騙すなんて…》
私達は囲まれた。
《これでお前達も終わりだな》
嶋川みずき
嶋川みずき
みんなの命預かるよ!良い?
メンバー全員
メンバー全員
ラジャー👌
嶋川みずき
嶋川みずき
行くよ!
格闘の末…私は木村を追い詰めた。
嶋川みずき
嶋川みずき
さて、残ったのは、あんた1人だけど…どうする?私を殺す?
《きさまー》
嶋川みずき
嶋川みずき
木村、もういい加減やめたら?
あんたには勝ち目がない…
そう言うと木村は刃物を持って私に向かって来た。
メンバー全員
メンバー全員
あっ🤭
私は、交わして木村を投げ飛ばした。
嶋川みずき
嶋川みずき
木村…もう終わりにしよう。
《……》
嶋川みずき
嶋川みずき
ね!もう終わりにしようよ。これ以上、あんたを追い詰めたくない。
《お前…》
木村は、もう襲う事もない…
その時、パトカーのサイレンが聞こえた。

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

k.m.t
k.m.t
嵐が大好き❤️
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る