無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第3話

ストーリー…3
私は、足を引きずりながら中に入った。

『そこのソファーに座って下さい。 今手当しますね!』


【どうしたの?】

『ぶつかって…足痛めたみたいで…』

【何やってんだよ…手当しないと…えっと救急箱は…あった。はいこれ…】

私は、そんな彼らの話を聞きながら待っていた。

手当をしてもらっていたら、2人程、帰って来た様子で…《ただいま〜》と言いながら入った来た。

その時…2人は私に気づいて…

〈どうしたの?〉

【何か、ぶつかって怪我したから手当したところ…】

“大丈夫ですか?すいません!うちの会社の物がご迷惑かけてしまって…”

嶋川みずき
嶋川みずき
いえ、私も、ちゃんと前見て歩いてなかったのが悪いし…かえってご迷惑かけてしまって、すいませんでした。
“…どうした?”隣にいる人に声をかけていた。
私は、その言葉に顔を上げて見た。
すると、私の目の前には…

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

k.m.t
k.m.t
嵐が大好き❤️
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る