第6話

❀ ❀ ❀






駿佑「おじゃまします......」


梅宮「どーぞー」


駿佑「お家の人......いない」


梅宮「あぁ〜そーなの仕事なんだよね笑」


駿佑「そーなんですね」


梅宮「あっ!名前聞いてもいい?」


駿佑「道枝駿佑!小四です」


梅宮「駿佑くん!私は梅宮あなた」


駿佑「あなたちゃん......年上ですよね?」


梅宮「うん......?そーだけど?」


駿佑「やっぱり!よく学校で見かけるんですよ!」


梅宮「うぇ!?学校一緒なの!?」


駿佑「えっ○○小ですか?」


梅宮「あ、一緒だ」


駿佑「笑笑改めてよろしくです!」


梅宮「うん!よろしくねー!!」













駿佑くん





案外喋りやすい子じゃん


























NEXT ❤10で次の話