第7話

❀ ❀ ❀








梅宮「さっ!食べよ!」


駿佑「はい!」


梅宮「せ〜の!」








"いただきまぁ〜す"








駿佑「やっぱり美味しい......」


梅宮「んね!ここのケーキは美味しーよ!」


駿佑「ですね!」


梅宮「あ、敬語じゃなくていいよ!」


駿佑「いいんですか??」


梅宮「もちろん!」


駿佑「じゃあタメにします!......あっ」


梅宮「ꉂꉂ(ᵔᗜᵔ*)アハハ」


梅宮「まっ!これから!!ね?」


駿佑「うん!」


梅宮「駿佑くんはお家のいるの??」


駿佑「あなたちゃんと一緒で夜帰ってきます!」


梅宮「あ、そーなのね!」


駿佑「うん!」


駿佑「あの......」





















NEXT❤10で次の話