無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第33話

無理すんなや

【登場人物】

-子供-

永瀬 栞莉シオリ 3歳

永瀬 伊庵イオリ 生後10日

-奥さん-

永瀬 香織カオリ

【設定】

2020年8月

コロナなし

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

香織side

-夜-



伊庵「ギャーギャー。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。」








『はいはいリビング行こな〜(小声』








夜泣きが酷い伊庵






廉と栞莉を起こさないようにリビングに行って授乳をするのが日課







栞莉の時は夜泣きなんか全くせんかって心配しよったのに








伊庵は寝かしてくれって位夜泣きをする子









姉弟でもこんな違うんやな笑








授乳も終わり 後は寝てくれたら 嬉しい








寝た…








でも勝負はここから背中スイッチ入れんといてな〜








そ〜と








伊庵「ギャーギャー。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。」








抱きながらスクワットしてみるものの








寝てくれず 泣き止んでくれず








永瀬「…ん…?」








『ごめん起こした?(小声』








『まだ寝といてええで(小声』








永瀬「…ええよ…(起き上がる」









永瀬「伊庵(小声」









廉が伊庵を抱っこするけど泣き止まない








『出るの早いんちゃうん?(小声』








永瀬「俺明日仕事OFFで大学もそこまで早くないねん(小声」








永瀬「俺事起こしてくれても構わへんねんで?(小声」








『ありがとう(小声』








永瀬「寝た…(小声」








『ホンマや…(小声』








永瀬「横で寝かすわ〜(小声」








永瀬「香織も寝とき(小声」








『ありがとう(小声』









この後廉のお陰で起きることも無くグッスリ寝れました



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

読んでいただきありがとうございます!!



次回もよろしくお願いします🥺