無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

🦊
181
2022/05/30 08:41


次の日



学校へ行くと本当に靴があった



きっと嘘なんだろうなと思ってた僕を殴りたい



しかも前よりもキレイ


in
in
新品みたい…

















































部活──



in
in
せ、先輩ありがとうございますっ
○○
○○
別に
○○
○○
こっちが勝手にやっただけ


そんな話をしていると



「やだ、またあの人男作ったの?笑」



「絶対彼氏近づけたくない」


僕は言い返す勇気なんてないから拳を握りしめていることだけしかできなかった










○○
○○
何ぼーっとしてんの
○○
○○
絵描こ


ヌナは全く気にしていなかった







このあともヌナがなにかとしてくれてイジメは無くなっていった