無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第23話

🦊
172
2022/05/30 10:04


数カ月後
 


みんな文化祭に向けて美術部全員で大型制作をしていたんだけれど


僕は兄が暴れてお母さんが入院してしまい僕は部活へ行ける状態ではなくなってしまった






















そして大型制作完成日
in
in
今日は部活へ行けるっ


別に部活が好きなわけではなかったがヌナと会いたかった


もしかしたらこの頃から好きだったのかもしれない







ガラガラ


すると先生が




「今更部活に来てなんのつもりだ」


と追い帰されてしまった



in
in
確かに…完成日にだけいくのはダメだよね
○○
○○
ジョンイナっ
in
in
先輩、、
○○
○○
ジョンイナも美術部の一員なんだから一緒に完成させよう
in
in
でも先生が…
○○
○○
あの人のことは気にしないで



美術室にいくと部員のみんなは快く受け入れてくれた



だけど



「なんでお前が部活に来てるんだ」



案の定先生が来た



「お前なんてとっとと帰れ」
○○
○○
ジョンインも美術部の部員なので私が呼びました

「お前に決める権利があると思うのか!」
○○
○○
一人だけを参加させないのはハッキリ言ってイジメだと思います

「なっ…もう知らん!」



と先生は出ていってしまった


in
in
先輩…
○○
○○
さ、先生からの許可も降りたから進めましょう
in
in
先輩すみません…
○○
○○
私はジョンイナが参加してくれて嬉しいよ

ポンポン
in
in
//
○○
○○
熱でもある?
○○
○○
顔赤いけど
in
in
先輩のせいですよ…
○○
○○
え?

「先輩この色何色ですか?」
○○
○○
ごめんまた後で聞くね


そんなこんなで大型制作は完成した