無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

39
2021/08/01

第6話

6   悲しみの連鎖
YOU
YOU
んっ……
目を開けるとそこは見覚えのある場所。
YOU
YOU
家……?
YOU
YOU
(あれから私、どうやって帰ったんだろう…)
ゆっくり身を起こすとそこには見たことのない置き手紙が置かれていた。
           あなたへ
ごめんね、別れてすぐなのにあなたのこと見つけた。嘘、本当は少しだけ追いかけた。



ありがとうあなた。僕の名前、ずっと呼んでくれてたんだよね。寝てるのか気が抜けているのか分からないけど一人であそこにいたらだめだよ。



よかった。僕があなたのこと見つけて……僕が家に連れて行くときもずっと「ジュニ、ジュニ」って言ってくれて、本当に愛されてるんだなって思った。

だけど僕……ごめん、これ以上は言えないんだ。





ありがとうあなた、僕の彼女でいてくれて。

          ジュンより
YOU
YOU
ジュニ………
P・S

後、もう泣かないこと。

あなたの可愛くて綺麗な顔がぐちゃぐちゃになるよ!!だからもうないちゃダメだよ。
YOU
YOU
ジュニ
どうして…どうして別れたのにこんなに私のことを心配してくれるの……
YOU
YOU
だから…
YOU
YOU
別れられるわけないじゃん……
そんな時、一本の電話がかかった。
YOU
YOU
はい、もしもし…
病院の人
あなたさん、ですか?
YOU
YOU
はい…そうですけど
病院の人
…………ジュンフィさんが
YOU
YOU
…………っ!?
病院の人
なので至急、こちらへ来れますか
YOU
YOU
はい…行きます
悲しみは連鎖する、それが一番怖かった。