無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第4話

4話
今日は国語の援業がある。



国語の教科書を出すと、紫耀くんが



話かけてきた。