無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第7話

7話
授業後
あなたサイド
次の授業は音楽。ここから少し距離があるので、急がないとヤバい小走りで教室へ向かってると…

紫耀: あ、○○!
あなた: なに?
紫耀: これ、落としたよ、はい!
あなた: あ、ありがとう…
紫耀: そのハンカチ可愛いね笑
あなた: そう?ありがとう
紫耀: うん!あ、ヤバいあと1分でチャイムなる!
あなた: ほんとだ、急ごう!
紫耀: ○○、はい!(手をさしだす)
あなた: え?
紫耀: (ギュ)((なまえの手を握り)
あなた: !?
紫耀: 絶対、離さないでね!走るよ!
あなた:  う、うん⸝⸝⸝
この時私は知らなかった。さっきの光景を
他の女子が見てたなんて…