無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第3話

3話
私は○○あなた



親はいない。



私は唯一話せる友達が1人だけいる。




その子の名前は琴葉。




琴葉は、明るくて可愛い。