無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

12話
あなた: 平野くんの行きつけってどんなとこ?


紫耀: う〜ん、小さいけど落ちつく!仲良い人もいるんだよ!


あなた: そうなんだ、小さい頃から行ってた感じ?


紫耀: 幼稚園の頃からずっとね、よくお菓子とかもらってたな笑

あなた: へ〜、懐かしいね笑


紫耀: うん笑


図書館到着


紫耀: こんにちは〜!


あなた: こんにちは…


職員: あ、 紫耀くんいらしゃい!
そちらの方は?


あなた: 初めまして、同級生の○○あなたです


職員: そうなのね、初めまして!どうぞよろしくね笑


あなた: よろしくお願いします


紫耀: 今日のおすすめ、何ですか?


職員: これだよ、ミステリー小説なんだけど…


紫耀: あ、ありがとうございます!ミステリー系好きなんです!


職員: よかった笑あなたさんはどんなのが好み?

あなた: 私、物語がけっこう好きです


職員: 物語系だったら…これなんてどう?


あなた: 良さそうですね、ありがとうございます!


あなたサイド

本に熱中する平野くんの姿は、なぜかとても

光久しく、言葉にできないくらいかっこよかった