無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第13話

13話
職員: その本、気に入った?


紫耀: はい、借ります!


職員: わかった笑あなたさんはどうする?


あなた: 私も、この本借りたいです


職員: そうなのね、ありがとう笑


あなた: あの、いつまでに返却すればいいですか?


職員: 特に決まってないの。好きな本を好きなだけ、借りてていいよ!

あなた: え、そうなんですか!?


職員: そうそう笑


紫耀: ここの図書館、あんまりルールないから使いやすいよ笑

あなた: こんな図書館、生まれて初めて…


職員: 笑笑


職員: それよく言われるんだよね笑


紫耀: オレも初めてここ来た時はびっくりした‪w‪


職員: 小学生の時の紫耀くん、可愛いかったな〜笑


あなた: そんな前からここ来てたんですか?

職員: うん、毎日放課後にここ来て、閉館するまでいたもんね‪w


紫耀: そんな時もありましたね〜


職員: で、帰りにいつもおやつ持って帰ってたね‪w


紫耀: ですね笑


あなた: 笑笑


職員: はいコレ、今日のおみやげ!


紫耀: きなこ棒だ、ありがとうございます


職員: あなたさんもどうぞ笑


あなた:あ、ありがとうございます。


職員: いーえ笑