無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第22話

22話
紫耀: だ、大丈夫!?


あなた: うん、大丈夫大丈夫‪w


紫耀: 本当…?


あなた: 足痛いだけだからさ‪w‪w


紫耀: それ、笑い事じゃないよ、保健室行こ


あなた: わかった…っ!


紫耀: 立てる?


あなた: ごめん、肩貸してくれる?


紫耀: ヒョイッ(お姫様だっこ)


あなた: え、ちょっと!?


紫耀: こっちの方が早いかなって‪w‪w


あなた: みんな見てるよ…


紫耀: 気にしない気にしないっ!笑


あなた: えぇ…


保健室にて


あなた: あれ、先生いないよ?


紫耀: ほんとだ‪w‪((なまえを下ろし)


紫耀: え〜っと、たしか保冷剤がここに…あった!


あなた: そんな勝手に触っていいの‪w


紫耀: バレなかったら大丈夫っ笑!はい!


あなた: ありがとう笑