無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

48
2021/07/26

第4話

葵))突如として現れたあの子は僕を指さしてこう
  言った


?『さあ遊びましょ貴方の宝物は預かっているわ』

葵))何だこいつ急に現れて遊びましょって
  これでもよく分からんのに宝物を預かってる   
  ってもう意味分からん

…ふと周りを見る…


海『まぁ、いいんじゃね遊んでやろうぜ』

優『うん!きっとかまってほしいんだよ!』

葵))こいつら正気の沙汰じゃねぇ
  『よくこんな訳のわからんやつと遊ぼうって
  なれるよなぁ』

優『まぁまぁ、いいじゃん!楽しそうだし!』
海『そうだぞ!それにそのままだとお前
  俺ら以外に友達できねぇぞ』

葵『うるせぇ!』

?『じゃああたしが鬼ね!』

優『何の?』

?『ニヤッ"だ~るまさんがころんだ!"』








紫雨『うわぁ語彙力なっ!!!』

海『安心しろお前に語彙力なんてものはない』

葵,優『ウンウン』

紫雨『3人とも酷くない?』

3人『普通だよ』

紫雨『え~泣くわ(´°̥̥̥̥̥̥̥̥ω°̥̥̥̥̥̥̥̥`)』






海『そもそも投稿が遅いわ!どんだけまたせんねん!』
紫雨『海君ってこんなキャラだっけ?』

海『お前のせいだろ!』
紫雨『うわー』

葵『え~このままだと終わらないので〆たいと思   
  います!それじゃあ』

葵,優『バイバイ!』

紫雨『バイバイ!』
海『おい!逃げんな!』

うん!オチが分からん