無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第8話

任務の為メイドカフェで働いてみた
任務の為にメイドカフェで働く
事になったあなたさん
それを知った彼らがあなたさんに会いにきた

乙骨君狗巻君おやすみ
虎杖悠仁
(なまえ)
あなた
いらっしゃいませ!
冥土カフェへようこそ!
虎杖
虎杖
(メイドじゃなくて冥土…)
(なまえ)
あなた
あれ?悠仁?
虎杖
虎杖
………
メイド姿のあなたが可愛すぎて
何も聞こえてません
モブりん
モブりん
あなたちゃん
こっちに来て〜
(なまえ)
あなた
はい!ご主人様!
虎杖
虎杖
( ゚д゚)ハッ!
ダメダメ!!あなた帰ろう!!
五条先生にお願いして
任務、別の人に言ってもらおう!?
ほんとに必死になって説得します
(なまえ)
あなた
ゔっ…わ…分かった
虎杖
虎杖
よかった〜
結果〜
そりゃ彼女だもん…ね!!ね?!
でも…メイド服…いいね
伏黒恵
(なまえ)
あなた
いらっしゃいませ〜
メイドカフェへようこそ〜
伏黒恵
伏黒恵
あなた帰るぞ
(なまえ)
あなた
はっえっ恵
任務の内容を聞いた恵が
急いであなたの元へやってきた様子
(なまえ)
あなた
でも任務があるし
伏黒恵
伏黒恵
五条先生からは
許可を貰った
(なまえ)
あなた
えぇ…分かった分かった帰るよ
伏黒恵
伏黒恵
(よかった)
結果
内心すっごく焦ってた恵君でした
説得しながら、メイド服のあなたさんを
じっと見ていたムッツリウニ
五条悟
(なまえ)
あなた
いらっしゃ…
なんだ五条先生か
五条悟
五条悟
なんだって…
僕に、連絡しないで
こんな任務するって
(なまえ)
あなた
上からの直接でしたから
五条悟
五条悟
なんで僕に言わないの!?
(なまえ)
あなた
皆が先生に言うなって
止められるから
五条悟
五条悟
ふ〜ん
この任務なしね
中止
(なまえ)
あなた
はぁ?
先生は突然私を、お姫様抱っこした
(なまえ)
あなた
ちょ五条先生
五条悟
五条悟
あなた帰ったら、お仕置きね
(なまえ)
あなた
いやだぁぁぁぁ
結果
怒ってますね
そりゃ彼女がねぇ
それに五条先生だもん
あっ…あのあと
あま〜いお仕置きしてました٩(♡ε♡ )۶