無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

第25話

にじゅーご
646
2022/03/16 12:24
『そんな感じでいると居場所なくなるよ。』

四宮「私には拓也くんがいるので!」

『来月。一緒に仕事できてるといいねw』

四宮「その言葉お返ししまーす」





『あ、江口くん。明日君の家に行くよ。』

江口「わかった。夜の9時以降でいい?」

『うん。』

『じゃーねー』



四宮「私も行きます!」

江口「ごめんね。明日は相談事あるから」

四宮「私でもいいじゃないですか。」

江口「いい加減それやめてよ。」


プルルル


江口「あ、電話……出るね」


江口「もしもし」

『江口くん。あんまり四宮を刺激するな。計画が上手くいかない。』

江口「ごめん……。」

『あと、なんで離れてるのにわかるんだよーって思ったでしょー?w』

江口「確かに……!」

『四宮の上着の首元。いいのついてるから。』

江口「ありがとう」

『どー致しまして』


江口「ごめん、少しカッとなっちゃった。」

四宮「いいですよ。私もごめんなさい。また家行かせてくださいね!」

江口「そ、そうだね……」







































『家……行けたらいいねw』