無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第30話

らぶらぶーー
ユンギ
ユンギ
てか…さ
ダヒョン
ダヒョン
うん?
ユンギ
ユンギ
ジミンとなんかあった?
ダヒョン
ダヒョン
えっ…
ダヒョン
ダヒョン
うん…まぁ
ユンギ
ユンギ
じゃあジミンと話してこいよ
ダヒョン
ダヒョン
うん…!ありがとう!
ユンギ
ユンギ
ふぁいてぃん
ダヒョン
ダヒョン
😊
バタン🚪
ユンギ
ユンギ
はぁーーーー。
ユンギ
ユンギ
ほんと…何してんだよ俺…
ユンギ
ユンギ
💭うっわ…こんなんで泣くとか…w
ユンギ
ユンギ
…はっず…w
ジミン
ジミン
ガチャッ🚪
ジミン
ジミン
ダヒョン!
ジミン
ジミン
……て、え?ユンギヒョン?
ジミン
ジミン
なんで泣いてるんですか!?!?
ユンギ
ユンギ
💭げっ
ユンギ
ユンギ
あくびしただけ
ジミン
ジミン
💭あくびでそんな涙出ないだろ…w
ジミン
ジミン
そうなんですねw
ユンギ
ユンギ
ダヒョン探してんの?
ジミン
ジミン
そうです
ユンギ
ユンギ
ダヒョンもお前のこと探してたぞ
ジミン
ジミン
え?
ジミン
ジミン
行き違いだーーー
ユンギ
ユンギ
多分TWICEみんなで話してる
ジミン
ジミン
ありがとうヒョン!
ユンギ
ユンギ
いってら
________________________
ジミン
ジミン
ジミン
ジミン
💭階段に誰かいる…?
ダヒョン
ダヒョン
はぁ…
ジミン
ジミン
💭ダヒョンだ!
ダヒョン
ダヒョン
うわ!
ジミンがバックハグしてきました
ぎゃあああああああああa((黙
ダヒョン
ダヒョン
ジミン!?
ジミン
ジミン
💭髪の毛いい匂いする
いやピョンテかて((
ジミン
ジミン
冷たくしてごめん
ダヒョン
ダヒョン
あ、大丈夫だよ!
ジミン
ジミン
ユンギヒョンの話ばっかりするから…
ダヒョン
ダヒョン
ごめんね
ジミン
ジミン
…嫉妬した…///
ダヒョン
ダヒョン
うん…でも私が好きなのはジミンだけだよ!////
ジミン
ジミン
それは…反則だろ…///
ダヒョン
ダヒョン
え?
ジミン
ジミン
可愛すぎ…((ボソッ
ダヒョン
ダヒョン
💭聞こえてるよ…///
ダヒョン
ダヒョン
…ってかそろそろ…
ジミン
ジミン
あっ、ご、ごめん…///
ダヒョン
ダヒョン
きゃっ!
ジミン
ジミン
あぶなっ
えーっとですね、ダヒョンが階段から落ちそうになってジミンが腕を引っ張りハグしました( ∩՞ټ՞∩) ンフ~
ダヒョン
ダヒョン
💭丁度顔の位置にジミンの心臓が…
ジミン
ジミン
💭ダヒョンちっちゃ…
ダヒョン
ダヒョン
………しい…///
ジミン
ジミン
ん?
ダヒョン
ダヒョン
…後ろからよりこっちの方が恥ずかしい……///
いやもうそんなこと言われたらジミンちゃん鼻血ブーだよ(  ˙-˙  )
なんかこれ書いてる作者も
恥ずかしくなってきた…/// ((は?
ジミン
ジミン
ダヒョン…
ジミン
ジミン
…大好き
ダヒョン
ダヒョン
私も…大好きっ///
んぎゃあああああああああああa((黙

(読者の気持ちを代弁しました。はい。)


ギュッ
ダヒョン
ダヒョン
じ、ジミン…?苦しい…!
ジミン
ジミン
あ、ごっごめん
力の強さはナムさんに似たんですね☺️