プリ小説

第12話

嘘……でしょ?
you
you
寂しい……寂しいよ。
部屋は別々なのはしょうがない
you
you
だけど全く喋らないなんて……
you
you
よし!思い切って話しかけてみよ!
トントン
you
you
ユンギ오빠!
誰かと電話してた……
しかも凄い笑顔で。こんな笑顔見たことない。
ユンギ
ユンギ
なんだよ。今電話してるから無理
you
you
う、うん。そうだよね……ごめん
ユンギの部屋のドアを閉めようとすると…
ユンギの電話相手の声が聞こえた……
you
you
💭ん?女の子?
そして…
電話相手
電話相手
ユンギ!好きです!
って聞こえた
you
you
えっ?
ユンギの顔を見てみると……
ユンギ
ユンギ
(。・m・)クスクス
えっ?どういうこと?
ユンギ
ユンギ
うん。分かった。なんで俺を好きになったの?/////
you
you
💭ユンギ……照れてる
電話相手
電話相手
えっ?カッコイイから?
ユンギ
ユンギ
それだけかよ理由ㅎㅎ
ユンギ
ユンギ
じゃあ俺も好きだよ
電話相手
電話相手
ほんと!?嬉しい!
じゃあ私と付き合ってくれますか?
ユンギ
ユンギ
あぁ
ユンギ
ユンギ
よろしくお願いします
それを聞いた私はすぐ自分の部屋に入りドアを強く閉めた
バタン!
you
you
なんで?なんでだろ
you
you
なんでこんなに苦しいの……😭

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

てつお🦁
てつお🦁
てつお🦁です! ARMYですっ💓💞 小説投稿します。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る