プリ小説

第4話

夜……
夜になりお父さんが帰ってきます。
お父さん
ガチャ

ただいま〜🎶
お母さん
あらおかえりー
you
you
おかえりー
お母さん
ユンギ君来てるわよ
お父さん
お!
ユンギ
ユンギ
こんにちは
ユンギ
ユンギ
ユンギです。今日からお世話になります。よろしくお願いします
お父さん
やーこんにちは!ユンギくん!
ようこそ〜我が家へ〜🎶
you
you
お父さんテンションが凄い(´・ᵕ・`)
普通にして
お父さん
はい。すいません……ㅎㅎ
お父さん
あれ?待てよでもユンギくんの部屋はどうするんだ?
お母さん
あっ!しまった!決めてなかったわね
you
you
お父さんが帰ってくるまではリビングだったけど……
お母さん
ちゃんとした部屋がないとね……
お父さん
うーん


























皆さんおわかりかも知れませんが……
お父さん
そうだ!あなたの部屋にしたらどうだ?
うん。。。やはりこうなりますよねㅎㅎ
お母さん
あ〜それいいわね!でもユンギくんがどうかだから……
ユンギ
ユンギ
僕は大丈夫です
お母さん
あなたの部屋凄く広いの!
お母さん
だからいいんじゃない?
you
you
えっ?
you
you
ちょいちょいちょいちょい?
you
you
なんで私の部屋になるの
お母さん
いいじゃないの部屋がないんだから
you
you
えっ?これからずっと私の部屋?
お母さん
いいえ、まぁ考えるわね… 
とりあえず1週間ぐらいはあなたの部屋にいてもらったらいいんじゃない?
you
you
う、うん……
💭えー嘘だろおい!男と女だよ?
ちょいまちよ…
ユンギ
ユンギ
じゃあなたの部屋でよろしくお願いします
you
you
あ、うん。。。
お母さん
あっ!パン焦げちゃう! 忘れてた〜😭
夜ご飯はユンギちゃんの隣で
シチューを食べパンにつけながら食べました〜(*^^*)←どうでもいい?ㅎㅎ




































って事でユンギとの生活の始まり始まり〜(*^^*)

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

てつお🦁
てつお🦁
てつお🦁です! ARMYですっ💓💞 小説投稿します。
恋愛の作品もっと見る
公式作品もっと見る