第44話

# 41
5,876
2018/10/08 01:34
紅「伝えたくて 伝わらなくて 時には素直になれずに
泣いた季節を 越えた僕らは 今とても輝いてるよ」


わ 、One Love !?!?


やばいじゃん !!!


この子天才なんかな 、?


紅「それぞれ描く 幸せのかたちは重なり
今 大きな愛になる ずっと二人で 生きてゆこう」


てか 、歌上手ない ?


なんかこう 、透き通った声 ?って感じ 。


紅「百年先も 愛を誓うよ 君は僕の全てさ
信じている ただ信じてる 同じ時間を刻む人へ
どんな君も どんな僕でも ひとつひとつが愛しい
君がいれば 何もいらない きっと幸せにするから」


駿「 ………… すごいわぁ !つき天才や !!」


紅「またそれや 、それ以外のこと言われへんの ?」


駿「い 、言えるわ !!」


紅「ほんまにぃ ?」


駿「ほんまやって !」


紅「嘘くさ〜」


駿「嘘やないで !」


流「あなたちゃ〜ん !!!!♡♡( ぎゅっ )」


紅「わっ 、大西さん !!」


流「流星って呼んでや !」


紅「りゅ 、流星 ……… くん ?」


流「僕 、君のこと好きになったわ !」


紅「へっ !?!?」


流「好きやでっ ♡♡」


お 、俺のおおにっちゃんが ………… !!!


( 西畑大吾は35億ダメージを受けた )←


『ダメや !おおにっちゃんは俺のもん !!』


流「大ちゃん離して !!」


紅「 ……… ふぅ 、」


恭「あなたちゃん 、曲作れるってほんまなん ?」


紅「はい 、King&Princeさんのソロ曲も作らせていただきましたから」


恭「ええええ !?!?すっごいなぁ !!」


謙「あなたちゃん 、天才やね !」


紅「そんなことな ………( ぷるるるるる」


恭「俺やないで」


謙「俺もちゃう」


紅「私のや 、もしもし 。あ 、リオちゃん !
Long time no see !Vous allez bien ?
( 久しぶり !元気にしてた ? )」


『んん !?』


今の言葉なんなん !?!?


英語ではなさそうやし ………


紅「à Toronto ?Je suis content !
Parce que je n'ai pas le temps maintenant, je vous rappellerai plus tard !
( ほんと ?よかった !
今時間ないからまたあとで電話するね ! )」

電話を切った紅月さんは "あとで電話返さなきゃな" なんて言って 、笑った 。


紅「あ 、しゅん !ここら辺にスタジオある ?」


駿「スタジオならここから少し先にあるよ !」


紅「ありがとう !行ってくる !!」


『あ 、待って !』


紅「なんですか ?」


『さっき喋ってた言葉 、何語なん ?』


紅「フランス語です 、じゃあ失礼します」


『え 、ちょっ 、え !?』


そのまま行っちゃうん !?


そんなあなたちゃんを見て 、はっすんが


和「不思議な子やなぁ 、」


なんて呟いた 。

プリ小説オーディオドラマ