無料スマホ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話
274
2021/09/18

第6話

四話
『あ、』




二口「ん?、」




『ごめん、二口のグミ食べて無くなっちゃった』





二口「は」




ガチギレですかね





『ごめんて、』







二口「はぁ…」





くそ分かりやすくため息こぼすじゃん






二口「もお、あなた今日話しかけないで」 







『え』








まじのガチギレでした🥺
まって、グミだけで喧嘩するか???←






『ん、』
あなた優しいので、グミ買って仲直り作戦!!
今は、偵察とグミなので、青葉に居ます (





『ここどこですか』









来て5分で迷子




帰れるのか???????


あ、あぁぁぁぁぁコンビニっ😭
すっぱいグミいっぱいあるっすね

てか、さっき私が入ったあと人が沢山入ってきたんだけど


やべぇぞ、怖いっす (



ピッピッ



「えっと、130円です」




『はーい、』




「ちょうどですね、ありがとうございましたー、」




あら、青葉城西の人だったのね怖い人たち



普通にジャージ来てたわ (





『あの、』





青葉城西野郎 (「ん?」

 



『青葉城西のバレー部ですよね、私伊達工業のバレー部マネしてます』





青葉城西野郎「うん?」




いかにも、俺モテモテやっばーい♡って感じだな、君 (




『ぁ、えっとぉ…あ、ば、ばか?』





俺モテモテ「え」




青葉城西「ブッ…はい、その人バカって名前です」




センター分けか、




バカ「名前ころころ変わるじゃん、及川さんなんだけど🥺」




やべぇ、こんなところで話してる時間はねぇぞ


二口に殺される





『私帰ります、』




及川「電車で?」




『そうですけど』





及川「いま何時か教えてあげようか?」





『はい』




及川「終電まで時間がある、遊ぼ????」





『バカですか、今たしかに7時ですけど、私帰ります』






及川「えー、」





皆は気づいたかい?、及川が私に絡んでるとき他の青葉城西の人たちは帰ったことに (






及川「あれ?」








作者 久しぶりに千文字いったぜ
   私低浮上だからあまり更新できないけど
   暇なときにやるからな、橋本かー((