無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第47話

よんじゅうよん
あなたside
・・・







どこなの?ここ・・・
私はどこにいるの?





ねぇ誰か、教えてよ!
ねぇ!・・・

















ん?なんだろう。


向こう側が明るい。

何かあるかもしれない。

行ってみよう。







川村壱馬
あなた・・・
早く起きろよ・・・泣
っ!



壱馬くんが、泣いてる・・・






私のせいだ・・・。


私のせいで壱馬くんが、苦しんでる!




これじゃあ何のために、壱馬くんと離れて頑張ってきたのか分からないじゃん!・・・泣




私なんか、、





お母さん
あなた・・・
私なんかいなければいいのに!
お母さん
あなた!
あなた

っ!
・・・お母さん?!

お母さん
あなた、しっかりしなさい!
お母さん
貴方は皆の笑顔が見たくて頑張ったんでしょ?!
あなた

・・・でも私は皆を悲しませてるんだよ!

お母さん
・・・じゃあこれから、そんな顔にさせなければいいじゃない!
あなた

えっ?

お母さん
貴方がいれば、あの人達は笑顔を取り戻すわよ
貴方が今ここで諦めたら、あの人達はこれから心に傷を負って生きていかなきゃならないの
あなた

・・・お母さん(๑o̴̶̷᷄﹏o̴̶̷̥᷅๑)

あなた

でも、皆の元に戻る道が見つからないの・・・泣

お母さん
大丈夫。
きっと見つかるわ。
頑張りなさい😊
そう言いながら、お母さんは消えていった。

















そうだよね。ここで諦めたら
みんなの事をそばで見守れなくなっちゃうよね・・・






















みんなの所に戻らないと・・・