無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第27話

にじゅうよん
あなたside
スーッ・・・スーッ
私が起きると、壱馬くんは隣でまだ気持ちよさそうにして寝ている。
あなた

綺麗な顔してるなぁ

朝起きるといつも思う。










私はこんなにかっこいい人の隣で寝てるのかっと。
それから朝ごはんを作りに行く。
作ってる間に、壱馬くんが起きてくる。


最近はそんな感じの朝が慣れてきてる。






ほんとに、色んなことに慣れてきた。


だから、過ごしやすくもなってる。
川村壱馬
おはよ
あなた

おはよう(^ω^)

川村壱馬
行くところ決まった?
あなた

行くところというか、今日1日過ごすところかな

川村壱馬
どこ?
あなた

・・・ここ

川村壱馬
はっ?
あなた

あっ嫌だった?

あなた

嫌だったら出掛けよ。

川村壱馬
いや、別にそんなんじゃないけどさ、
ここって家だよね?
あなた

うん

川村壱馬
ずっと家にいていいのかなって思って・・・
あなた

家にいたら、歩きもしないし、壱馬くんも、私もいっぱい休めるよ!


それにいっぱいお話出来るしね!( *´꒳`* )

川村壱馬
そっか
分かったよ😊
あなた

うん!

ということで・・・
















お家デートに決定です(*´▽`*)