無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第16話

じゅうよん
壱馬side
あなたにお休みと言って寝室に行って

今日のことを思い返してみた。



朝からあなたのことずっと考えていて
助けた時も自然に抱きしめていた


あなたの笑顔を見る度に照れるし・・・




これから俺があなたをもっと笑顔にしたい
幸せにしたい


隣にいたい




いて欲しい















俺、あなたに惚れたのかもしれない。
明日、誰かに聞いて見よ





考えている内に俺は眠りについた
チュンチュン(・8・)



次の日、
カーテンの隙間からの日差しで目が覚めた。

寝室を出てリビングに向かうと

近づくにつれいい匂いがしてくる



リビングに着くとあなたがキッチンで
何かしているのが見えた。


俺はあなたに気づかれないように
そーっとあなたの後ろに行って
川村壱馬
っわ!
you

∑(O_O;)/わーーっ!!?!?!
川村壱馬
‪w‪w‪w
you
びっくりしたー
川村壱馬
おはよ
you
おはようˆΟˆ
川村壱馬
何作ってんの?
you
朝ごはんを、!
川村壱馬
今日も作ってくれんの?
you
うん!
嫌だった?
川村壱馬
全然!
むしろ嬉しいよ
you
それじゃあ毎日作るね
川村壱馬
ありがとう😊
毎日か



めっちゃ嬉しい


昨日の朝ごはん美味しかったから
毎日美味しいもの食べれるのか
you
出来ましたよ!
そういって出してきたものは

とてもバランスの良さそうで

美味しそうな物ばかりだった
川村壱馬
いただきます
you
いただきます
2人でそう言ってから食べ始める














これ食べたら今日の仕事も頑張れるな‪w

















そういえば、あなた携帯持ってるんかな

昨日の夜、
仕事の休憩中に連絡出来たらなって
思ってたんだ
川村壱馬
あなた、
you
ん?
川村壱馬
携帯って持ってる?
you
うん
あるよ?
you
それがどうしたの?
川村壱馬
連絡先交換しない?
you
うん!する!
川村壱馬
じゃあ食べ終わったら交換ね
you
うん!
それから俺たちは食べ終わって

連絡先を交換した。


これで仕事の休憩中連絡できる!
川村壱馬
仕事中連絡するな
you
えっ!
いいよ!
you
仕事忙しいでしょ?
川村壱馬
大丈夫
休憩中にするし
川村壱馬
それに
you
川村壱馬
俺がしたいから
you
っ///
you
わかった!!
you
仕事頑張ってね!
川村壱馬
おう!
ありがとな
お礼をいって家を出た