無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第33話

さんじゅう
あなたside
あなた

どうしたの?HIROにぃ

HIRO
あぁ、遠藤のことでちょっとな
あなた

さっきの子が何か?

HIRO
あいつ、少し評判悪くてな・・・
前の職場で、女の職員をいじめていたらしいんだ。
あなた

・・・そんなことあったんだ

HIRO
だから、あなたも気をつけろよ。
あなた

・・・分かった。

HIRO
それとあなた。
あなた

ん?

HIRO
本当は、LDHは社内恋愛は、禁止だ。
あなた

・・・うん

HIRO
あなたのお母さんから預かってるものがあるんだ。
そう言って渡されたものは、手紙?
のようなものだった。
HIRO
これは、俺宛に書かれた手紙だ。
後で読んで見ればわかるが・・・
HIRO
俺は、お前が見つけた人なら、応援する。
それがメンバーの壱馬でもな。
あなた

えっ?
なんで知ってるの?

HIRO
お前を見てればわかる。
HIRO
だから、いい恋愛をしろよ。
そして、壱馬と幸せになれ。
あなた

HIROにぃ・・・泣

あなた

ありがとう・・・

HIRO
おう(^^)
壱馬によろしくな。
あなた

分かった。

私は、部屋をでて楽屋に向かった。
















手紙、家に帰ってから読も。








それからも、いつもどうり仕事をやって、終わった。
川村壱馬
あなた、帰ろ。
あなた

うん!

今日も、仲良く壱馬くんと帰る。












遠藤心春
・・・チッ
あの子に見られてるなんて知らずにね・・・