無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第46話

よんじゅうさん
壱馬side
あなたの手術は無事成功した。
でも、あなたはまだ眠っている。
川村壱馬
あなた、早く起きろよ・・・
ガラガラ🚪
吉野北人
壱馬
吉野北人
交換の時間だよ。
俺たちは、交代しながら、あなたのことを見るということになった。
川村壱馬
・・・
川村壱馬
俺まだいるよ。
吉野北人
・・・ダメだよ。休まなきゃ。
吉野北人
あなたちゃんはちゃんと俺が見てるから。
川村壱馬
・・・分かった。
あなたが心配で心配でおかしくなりそうだけど・・・





北人に任せれば安心だから、任せよう。
吉野北人
また、仕事でね。
川村壱馬
・・・おう。
ガラガラ🚪
それから、俺は家に戻った。
でも、休もうと思っても、あなたの事しか考えられなくて休めなかった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
北人side
俺達は、交代しながらあなたちゃんを見守ってる。
けど、交代したのはこれが初めて。


壱馬がずっと見てたから。


こんな時、あなたちゃんだったら

「私の事よりも、自分の事を優先して」
とか言うんだろうな。
壱馬、大丈夫かな。










大丈夫なわけないよね。



俺でも、辛いもん・・・
あなたちゃん、早く目、覚ましてよ・・・
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
壱馬side
あの事があってから1週間、






あなたはまだ起きない・・・。








俺達が仕事でダメな時は、三代目JSBの皆さんや、GENERATIONSの皆さんが見てくれていた。

皆さんだって忙しいのに・・・





本当に感謝しかない。
ガラガラ🚪
登坂広臣
壱馬、変わるから休め。
川村壱馬
臣さん・・・
川村壱馬
よろしくお願いします。
登坂広臣
おう。
今日は臣さんが来てくれた。





こんなに優しい先輩たちに恵まれて、、ほんとに良かったと思う。