無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第23話

にじゅう
あなたside
私が楽屋に戻ると
吉野北人
あなたちゃん!
マネージャーやってくれるの?.。.:*・'(*°∇°*)'・*:.。.
北人さんがキラキラした目で言ってきた




壱馬くん、ちゃんと話してくれたんだね

ありがとう😊
あなた

あっはい!
よろしくお願いしますね😊

石橋さん
ねぇ
みんな知ってた?!
あなたちゃんHIROさんと親戚なんだよ!
石橋さん
ね?!あなたちゃん!
川村壱馬
えっ?!
まじかよ!
あなた

うん
言わなくてごめんね
まさかHIROにぃがここにいるなんて知らなくて‪w

長谷川慎
HIROさんはあなたさんがマネージャーになる事知ってたんですか?
あなた

ううん
知らなかったよ。
だから話して来た。
それと慎さん
私の方が年下なんですから敬語使わなくていいですよ?
どちらかと言うと私の方が使わないといけないのに‪w

長谷川慎
分かった。
じゃああなたも敬語使わないでね(^^)
あなた

うん!

RIKU
あなたちゃん
あなた

はい?

RIKU
マネージャーいつからやるの?
そーいえばその事は聞いてなかった。
石橋さん
その事なんだけど
今週までは私入れるから来週からになるかな。
でも、今週は見学として来てもらおうと思ってたんだけど大丈夫?
あなた

はい!私いつでも暇なので!

それじゃあよろしくな!
あなた

はい!!

それから、今日は石橋さんと一緒に活動して、手伝えることは手伝っていった
石橋さん
お疲れ様、今日はここで終わり!
ありがとね!本当に!
あなた

いいえ!全然いいんです!
それにマネージャーやってる期間は
皆さんの笑顔が見れるんで!
逆に私の方こそありがとうございます‪m(*_ _)m

石橋さん
・・・うん
やっぱりあなたちゃんを選んでよかった。
これだったら任せられるね。
よろしくね!
あなた

はい!😊

川村壱馬
あなたー!
私が石橋さんと話していると、壱馬くんが来た。
川村壱馬
一緒に帰ろ(^^)
あなた

うん!

石橋さん
じゃっまた明日ね!
あなた

はい!
さよなら(。ᵕᴗᵕ。)

川村壱馬
お疲れ様でした(。ᵕᴗᵕ。)
石橋さんとわかれてから
2人で事務所を出て家に向かった。