無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第5話

あなたside





・・・んン



私は明るい光で目が覚めた。




初めて見る壁
you
ここ...ど、こ?
???
あっ起きた(*^_^*)
声のする方を見てみると
男の人が笑顔で私を見ていた
you
っ///
何故かその笑顔に

胸が苦しくなり

身体がポカポカ暖かくなっていた
こんな風な気持ちになったの初めてだ


この気持ちってなんだろう



















っそんなことよりも!!

なんで私がこんな所にいるんだっけ
???
お前道路にとび出そうとしてたんだよ
だから、俺が助けたの
私がさっきのことを思い出そうとしていると
彼がそういった

そっか私死のうとしたんだ・・・
その後に倒れて




さっきまでのことを全部思い出した
you
あの、、ここはどこですか?


なんでわたしを助けたんですか?
???
ここは俺の家
???
それと
なんで助けたのかは自分でも分からない
気がついたら助けてた。
・・・
???
俺からも聞いていい?
私に何を聞くんだろう?
you
・・・はい
???
なんで死のうとしたの?
それは




























生きてても何も無い
辛いだけだから



かな