無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第19話

じゅうなな
壱馬side
川村壱馬
マネージャーやらない?













遡ること数時間前・・・
石橋さん
壱馬ー
川村壱馬
どうしたんですか?
急にマネージャーの石橋さんから言われたこと

それは・・・
石橋さん
うちの親が脳梗塞のうこうそくで倒れちゃって、今は入院してるんだけど
やっぱり心配で・・・
だから少しの間お仕事休ませてもらうことになったの
川村壱馬
そーなんですか
石橋さん
私の代わりにマネージャーになってくれる人探してるんだけどさ、なかなかいなくて・・・
だから
川村壱馬
はい
石橋さん
あなたちゃんに頼んで欲しいの!
THE RAMPAGEのマネージャーやってって!
あなたちゃんしっかりしてるし、
一生懸命やってくれそうだから。
お願い!!!!
川村壱馬
えっ!でも・・・
石橋さん
お願い!
聞くだけでいいから!
それでダメだったら諦める!
川村壱馬
・・・分かりました
聞いてみますね
石橋さん
ありがとーー!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

という事があったんだよ
あなた

マネージャー・・・
石橋さんは?どうしたの?

頭にいっぱいはてなマークを浮かべてるであろうあなたに俺はさっきのことを全て話した
あなた

そんなことがあったんだね

あなた

石橋さん大変なんだ。
んー・・・

川村壱馬
無理しなくてもいいからな
あなた

・・・やる!!!!
やります!!!

川村壱馬
ガチでいってるん?!!!
あなた

うん!
ガチで言ってます!

あなた

石橋さんが困ってるんだよ!
それにいろいろ勉強になると思うから!!!!

川村壱馬
ありがとな
あなた

ぜんぜん!

まじか・・・‪w





てっきり断るかと












でもそしたら毎日一緒に入れるって事じゃん!
川村壱馬
じゃあ早速明日、行こっか
あなた

うん!

あなたはそれからずっとニコニコしながら洗い物をしていた
マネージャーできるの嬉しいのかな?‪‪w