無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第29話

にじゅうろく
あなたside
北人君が家に来てから、

メンバーの話や、他のグループの話をしてた。
吉野北人
アイス食べたい!
吉野北人
壱馬買ってきてー。
川村壱馬
なんで俺なんだよ。
自分で行けよ。
吉野北人
えーやだよー。
めんどーだもん((( o≧ロ≦)
川村壱馬
じゃ、諦めろ。
吉野北人
(´・д・`)ヤダ
あなた

・・・

あなた

あの、私買ってこよっか?

吉野北人
えっいいの?!
川村壱馬
あなたが行くんだったら、俺が行くよ
あなた

えっでも、

川村壱馬
いいから!
何か欲しいものある?
あなた

ん〜、特にないかな。
ほんとにいいの?

川村壱馬
おう。
吉野北人
よろしくね〜
壱馬ー(*´▽`*)
川村壱馬
ッチ
ガチャン🚪
あ〜、行っちゃった。
本当に良いのかな?


さっき嫌だって言ってたのに。
吉野北人
壱馬、優しいよね( *´꒳`* )
あなた

だよね。

吉野北人
あのさ、あなたちゃんに聞きたいことあるんだけど、いい?
あなた

・・・うん

吉野北人
・・・壱馬のことどう思ってるの?
北人くんとは、私がマネージャーになってから、すごく仲良くなって、今は気軽に喋れる人になった。













北人君になら、言ってもいいかな。
あなた

・・・好き。
大好き。

吉野北人
・・・それは恋愛感情?
あなた

うん

あなた

一緒にいる度に、好きが増してってるんだよね・・・///

吉野北人
・・・そっか😊
吉野北人
まだ壱馬には気持ち伝えてないんでしょ?
あなた

(。_。`)コク

吉野北人
なら、それまで応援するから
頑張ってね!
吉野北人
あなたちゃんなら大丈夫!
・・・やっぱり北人くんに相談してよかった。






応援されてるんだから、恋愛頑張んないと!
吉野北人
それじゃ、俺帰るね!
あなた

・・・ん?

あなた

壱馬くんまだ帰ってきてないよ?

吉野北人
いいの!
俺はあなたちゃんの気持ち聞きたかっただけだから😊
あなた

・・・ありがと
北人くん。( *´꒳`* )

吉野北人
うん!
北人くんを玄関まで送りに行くと、
ガチャ🚪
壱馬くんがちょうど帰ってきた。
吉野北人
あっ壱馬!
吉野北人
俺帰るね!
川村壱馬
はぁ?
せっかく買ってきてやったのに
吉野北人
ごめんね(ノ≧ڡ≦)☆
川村壱馬
ったく
吉野北人
じゃあねー!
吉野北人
あっあなたちゃん!
頑張ってね!
あなた

うん!ありがとう😊
バイバイ

ガチャン🚪
北人くんがいなくなって2人だけになった。

















頑張ってと言われても、
いざ2人だけになると、何をどうやって頑張ればいいか分からなくなる。
川村壱馬
何を頑張るの?
あなた

いや〜、いろいろ?(ˊᗜˋ)

川村壱馬
なんだそれ‪w
どう話せばいいか分からなかったから、
リビングに向かおうとすると、
滑ってコケた。










なんで、こういう時に限って、ドジが出てしまうんだろ・・・(><)













でも、痛くない。
あなた

えっ///

川村壱馬
っ///
気がつくと、壱馬くんは、私に馬乗り状態になっていた。
川村壱馬
大丈夫か?///
そー言いながら、私の上から離れて、手を差し伸べてくれた壱馬くん。
私はその手を握って、
あなた

・・・好き

川村壱馬
えっ?
あなた

私、壱馬くんが好きだよ



















自然と言葉が出ていた。
川村壱馬
えっと、、
あなた

・・・あっ!
ごめん!気にしないで!

あなた

私が勝手に言っただけだから!

川村壱馬
・・・あなたも同じ気持ちでいてくれてたんだな。
あなた

えっ?
どういう事?

川村壱馬
俺も好きだよ?
あなたのこと・・・///
川村壱馬
恋愛感情として
あなた

・・・ほんとに?っ////

川村壱馬
うん///
壱馬君も、私を好きでいてくれてたのかな?









あなた

壱馬くん
好きです。だいすk・・・!

チュッ









私がまた気持ちを伝えようとすると、

壱馬くんの、口によって遮られてしまった。
川村壱馬
俺から言わせて
あなた

っうん///

川村壱馬
あなた、
あなたと一緒にいる度に、どんどん、好きが増してって今はパンクしそうなくらい、俺の頭の中は、あなたでいっぱいなんだ。
あなた

うん

川村壱馬
俺と付き合ってください
あなた

・・・はい(*´▽`*)

ギュッ
壱馬くんと両思いだ。










本当に幸せだよ・・・お母さん。














・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・