無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第26話

にじゅうさん
壱馬side
マネージャーになってから、あなたはずっと頑張っている。
休んでる暇もないくらい。

明日は、久しぶりのお休み。






あなたの行きたいところに連れて行ってあげたい。
俺も仕事が終わって、あなたも仕事が終わると、
いつものように俺が、あなたの名前を呼んで帰る。
それにしても、最近はほんとに寒い。







あなたを見ると、手が真っ赤で
少し震えてる。





寒いのかな?








そーだ!







ちょっと恥ずかしいけど、、
ギュッ
俺はあなたの手を握った。
寒そうということもあるけど、









俺が繋ぎたかった。
川村壱馬
明日どこ行くか決めといてな
あなた

壱馬くんと行けるならどこでもいいんだけど‪w

また、可愛いことを言ってくる





最近はそんな言葉ばかり、、






あ〜、やばいな







どんどん好きになってく。


















明日、どこ選ぶんかな?あなた