無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第8話

はち
あなたside
朝私は太陽の光で目が覚めた。
部屋には彼はいない
まだ寝てるのかな
ガチャ🚪
川村壱馬
おはよぉ
you
おはようございます
あくびをしながら言った彼
まだ眠いのかな


昨日私のせいで寝るの遅くなっちゃったし
悪いことしちゃったな
川村壱馬
俺今から
仕事で居ないから
部屋自由に使っていいから(^^)
you
ありがとうございます(^^)
川村壱馬
はぁ
腹減った~
you
なにか作りましょうか?
川村壱馬
作ってくれるん?
you
はい
少しなら
それからキッチンを借りて
簡単なものを作って出した
川村壱馬
美味っ!
you
ほんとですか?
良かった
you
・・・あの、壱馬、さん
川村壱馬
壱馬でいいよ
そんな事言われても!
あったばかりで呼び捨てはまだ出来ない


だからせめて
you
じゃ、じゃあ
壱馬くん
川村壱馬
うん
まだそれでいいよ!
川村壱馬
それと敬語もなし!
川村壱馬
これは決定ね!
壱馬くんの言葉に何故か圧を感じた💦
you
はi・・・分かった!!
川村壱馬
うん‪w
川村壱馬
それで?
you
えっ?
川村壱馬
なんか聞きたいこと
あったんじゃないの?
you
あっ
今日どのくらいに帰ってくる?
川村壱馬
今日は夜は仕事ないから・・・
5、6時ぐらいには帰って来れるかな
you
そっか
ちょっと寂しいな・・・
川村壱馬
1人で寂しい?
you
・・・ちょっと
川村壱馬
・・・帰ってきたら
いっぱい喋ろうな
you
・・・うん😊
それからちょっとしてから

ご飯を食べ終わって

支度をしてから壱馬くんは仕事に向かった


家を出る時に壱馬くんが笑顔で
川村壱馬
美味しかった
ありがとう😊
と言ってくれた



なんで彼の笑顔で胸が苦しくなるんだろう


体がポカポカするんだろう



今の私の頭の中は彼でいっぱいだった





そういえば
お母さんがそんなこと話してたような・・・
・・・・・・・・・数年前・・・・・・・・・
お母さん
あなた
人はみんな異性に恋をする
you
恋って?
お母さん
恋っていうのは
相手と一緒にいると
すごく楽しかったり悲しかったり
胸が苦しくなったり
相手のことで頭がいっぱいになることなのよ




相手がいるだけで安心するし
体が暖かくなるの
you
お母さんは?
恋した事あるの?
お母さん
えぇ
私はお父さんに恋をしたわ😊
いつかあなたも素敵な恋ができるわ
だって女の子だもの😊
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・













これってもしかして










「恋」なのかな