無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

なな
あなたside



川村壱馬
あなた
俺が教えてあげるよ
生きるっていうことを
川村壱馬
これからよろしくな(^^)
この人は大丈夫
信じても大丈夫な人だ



彼の優しく微笑む顔を見て
自然とそう思えた
you
・・・よ、 よろしくお願い、します(^^)





























その日はもう色々ありすぎて
私も彼も疲れてたから休む事にした
彼はベットを貸してくれると
言ってくれたけど
さすがにそれは
申し訳ないと思い
リビングのソファを貸してもらった


















明日から
上手くやっていけるのかな・・・