無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第32話

にじゅうきゅう
あなたside
次の日、いつの間にか私はベットで寝ていた。

隣には壱馬くんも寝ている。





私、この人のために頑張る😊
それからいつもどうりご飯を作っていると、壱馬くんが起きてきたから、ご飯を食べて家を出た。
楽屋に入ると、皆に挨拶をして、壱馬くんと昨日のことを報告した。
川村壱馬
俺たち、付き合うことになった。
岩谷翔吾
マジで?!
鈴木昴秀
おめでとうございマース!!
THE RAMPAGE
おめでとう!!!!
あなた

ありがとう(*´▽`*)

吉野北人
あなたちゃん
良かったね😊
あなた

うん
北人くんのおかげだね!
ありがとう(♯ˊ ˘ ˋ♯)

吉野北人
うん(≧∀≦)
山本彰吾
おめでとうなんだけどさ、
THE RAMPAGE
??
山本彰吾
LDH内での恋愛は禁止じゃなかったっけ?
あなた

・・・そうだった

吉野北人
でもあなたちゃんは正式にマネージャーになった訳じゃないんだからいいんじゃない?
正式にマネージャーになった訳じゃないってちょっと悲しいなぁ‪w
RIKU
確かに!
俺もいいと思うで!
せっかく結ばれたんやからな!
THE RAMPAGE
・・・
なんか言えや!
吉野北人
いやだって、陣さんたまにはいいこと言うんだと思って・・・ねぇ皆!
THE RAMPAGE
うん!
・・・
LIKIYA
まぁとりあえず良かったよ
長谷川慎
そーですね!
良かった。
皆に反対されなかった。
そんなことを話しているうちに、
仕事の時間になった。
あなた

あっ、今から、HIROにぃ・・・じゃなくて
HIROさんから呼ばれてるから、
HIROさんのところに行きます。

なんの用だろう。
それから、皆でHIROさんの部屋に行った。

コンコン🚪
HIRO
入っていいぞ
あなた

失礼します。

中に入ると、HIROさんと、
可愛らしい女の人が立っていた。
あなた

HIROにi・・・HIROさん、その方は?

HIRO
この子は、THE RAMPAGEのメンバーを専属でヘアメイクをしてくれる子だ。
今日は子の子を紹介するために、呼んだんだ。
遠藤心春
初めまして😊
遠藤心春と言います
よろしくお願いしますね〜!
ぶりっ子か・・・






苦手かも、
藤原樹
あなた、俺あの人苦手。
あなた

わかるよ、うん。だけどそれは心の中にしまっておこう。

あなた

よろしくお願いしますm(*_ _)m

遠藤心春
あたし〜、THE RAMPAGEの皆さんのファンで、こうやってお会い出来ることがすっごく嬉しいです!
HIRO
・・・皆、仲良くしてやってくれ
THE RAMPAGE
分かりました
あなた

では、失礼します。

HIRO
あっあなただけ、残ってくれるか。
あなた

うん

川村壱馬
じゃあ、先に戻ってるな。
あなた

分かった。

THE RAMPAGE
失礼しました。
ガチャン🚪