無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第18話

じゅうろく
あなたside
もうすぐで壱馬くんが帰ってくる
私は昨日作れなかったハンバーグを作り終わって
早くかえってこないかなっと壱馬くんの帰りを
1人寂しく待っている。
ガチャ🚪
川村壱馬
ただいま
ドアの音と同時に私の好きな声が聞こえた。

私はすぐに玄関に向かって
あなた

おかえりなさい!!

そう返した。

私の声が大きかったせいか、壱馬くんは少し驚いていた

だけどすぐに
川村壱馬
ただいま😊




この笑顔にまた胸が苦しくなる。
もちろんいい意味で
あなた

っ///
ごめんね!
ちょっとうるさかったよね・・・‪

川村壱馬
大丈夫‪w
川村壱馬
元気に出迎えてくれたから。
それから2人でリビングに向かった。
あなた

今日ね。
ハンバーグを作ったんだよ

川村壱馬
ほんとにご飯作ってくれたんだな!
あなた

うん!
だから食べよ!

川村壱馬
おう!
ありがとな
私はさっき作っていたハンバーグと
それ以外にもだした
あなた

どうかな?
ちゃんと焼けてる?

川村壱馬
めっちゃ上手いよ!
あなた

よかった(^^)

壱馬くんは本当に美味しそうに綺麗に食べてくれた。
作ったかいがあったな
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
あっそうだ
壱馬くんに相談したいことがあるんだ
あなた

壱馬くん

川村壱馬
ん?
あなた

私バイト始めたいなって思ってて

川村壱馬
マジで?
あなた

うん

あなた

でもなかなかいい所がなくて
どうしようか迷ってるんだよね・・・

川村壱馬
それならさ・・・
どこか紹介してくれるのかな?






















川村壱馬
マネージャーやらない?





























・・・ん?