無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

125
2021/08/07

第7話

7話
濵田「お前らさ、大毅くんに何しようとしてたん?」
モブ「そ、それは……」
モブ「あ、あいつが気に食わなくて、、懲らしめようと」
濵田「弱いものいじめしてて楽しいか?」
モブ「い、いいえ……(なんだこいつ、めんどくせぇな、嘘で逃がしてもらうしかねぇな)」
濵田「だよな、もうすんなよ?」
モブ「は、はい」
濵田「次したらタダじゃ置かないからな?」
モブ「は、はい……」
智洋「大毅、どうした?」
大毅「と、智くん……、さっきはごめんね、、、!」
智洋「何が?」
大毅「モブくん達のこと、智くんも嫌ってるのに……」
智洋「別に嫌っててもお前には関係ないだろ?」
大毅「っ、、、」
智洋「で、トイレで何かあったの?」
大毅「……モブくんに体で払ってもらわねぇとって言われて、口抑えられた……」
智洋「そうなんだ(クソ、あの野郎……)」
大毅「で、でもね、、!3年の濵田先輩が助けてくれたんだ、、、!」
智洋「え?助けは求めたの?先輩に」
大毅「ううん、俺に気づいて助けてくれた」
智洋「そう、なんだ」
大毅「うん」