無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

130
2021/08/02

第4話

4話
大毅 side
久々に智くんが俺に笑顔を向けてくれた自分のお弁当までくれて
すごく美味しい……
side 終わり
智洋「大毅、食べ終わった?」
大毅「うん、凄い美味しかった(ニコッ)」
智洋「それは良かった、俺が作ったんやで」
大毅「そうなんだ、!」
智洋「おん、弁当持って帰るからくれ」
大毅「お弁当箱、俺が洗うよ」
智洋「いや、ええよ、」
大毅「俺が食べたから洗います(笑)」
智洋「分かった(笑)」
モブ1「あれ?w神山、こんな陰キャとまた仲良くしてんの?ww」
智洋「……別に関係ないやろ」
モブ3「お前まで陰キャになるぞ?ww」
大毅「と、智くん、お弁当箱は洗って返すから、じゃ、じゃあね(トイレに行く)」
智洋「……ちょ、っ……」
モブ1「学校終わったらカラオケでも行こーぜ〜、神山〜」
智洋「…………今日は用事がある」
モブ1「チッ、なんだよ」