無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

107
2021/08/17

第12話

12話
大毅「俺も垢抜ければ虐められずにすむんかな……」
桐山「なーに、1人で話してんの?w」
大毅「あ、桐山先輩」
中間「ちょ、俺置いてくなよ」
大毅「中間先輩も、2人ともおはようございます」
桐山「おはよぉぉ」
中間「おはよ」
大毅「あれ、濵田先輩は?」
中間「あいつなら、風邪で寝込んでるよ」
桐山「結構な熱だって聞いたな」
桐山「大丈夫か?」
中間「後で見舞いにでも行くか」
大毅「あ、あの、俺も行っていいですか?」
中間「おん、いいよ」
智洋「なぁ大毅」
大毅「あ、智くん、どうしたの?」
智洋「お前さ、なんなの?」
大毅「え?」
智洋「なんで嘘つくの?」
大毅「俺、嘘なんて、、」
智洋「もっかい聞くけどさ、友達俺だけ?」
大毅「そ、そうだよ?何回も言ってるやん、」
智洋「はぁ、もういいわ」
智洋「俺、お前の事、」
智洋『友達だと思った事無いから』
大毅「え、、?」
智洋「じゃあな」
大毅「え、嘘、、」
大毅「馬鹿だ……俺、グスッ」
大毅「1人で勘違いして、、グスッ」
智洋「……ごめん、大毅、やっぱり素直になれないや、、、ごめんな、」