無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第12話

ガール、雑誌の撮影だってよ


カメラマン「新鮮でいいね〜!じゃあ次はきょ…あれ?いないから、りゅちぇ先いこう!」






大西「あなたちゃんとなんて嬉しいわ〜♡」






『お、おばさんはそんなもので釣れませんからね()』






カメラマン「じゃあ、今度は正面から大人っぽくハグできる?」


ギュッ


『りゅちぇ気持ちいいね〜(小声)』






大西「僕もあなたちゃんギューってしてると落ち着くわ〜(小声)」






カメラマン「うん、うんいいよ〜!じゃあ次は道長2人でいこう!」






道枝・長尾「「はーい!」」






『2人共ほんとに可愛い〜♡♡』






長尾「いやいや、あなたちゃんの方が可愛いですって!」






『またまたぁ!そんなこと言っちゃって!』






道長「ホンマですって笑」






カメラマン「今回は2人が京本ちゃんを取り合う的な感じで!」


(2人があなたを引っ張り合う)


『これどっちのものでもいいや←(小声)』






カメラマン「OK!やっぱ3人は可愛いね〜」






高橋「すいません!今戻りやした!」






カメラマン「お、やっと来たか〜じゃあ、最後はきょろくんね〜」






『人生終了マジ卍←』





高橋「おい!卍は俺のもんやぞ!」






『どうでもいいわ!』






カメラマン「最後だし大胆に行っちゃおう!キス寸止めで♡♡←」





『はっ!?』






高橋「もっとこっち寄ってや笑((グイッ 」








『/////』






カメラマン「いいね…ってあ!」


(カメラマンがよろけてあなたにぶつかる)


チュッ︎︎





『!?』






高橋「唇ってこんなに柔らかいんや←」






カメラマン「2人ともごめん!大丈夫かい?」





『大丈夫じゃ… 「全然平気っす!」 おい()』











この後青い鳥は大荒れし、高橋は東西全てのジャニーズに責められたのであった()




(高橋:いや、俺のせいちゃうねんけど!?)








~~~~~~~~~~~~

まいど!さくしゃでございます()




この度「粉もんちゃん」という新作だしました!




なにわ男子の紅一点なので、ぜひ♥や⭐お願いしまーす♡♡←




あと、作者への質問的なの大募集中なので!コメ欄でも気軽に絡みましょ〜