無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第15話

ガール、原宿観光だってよ

まいど〜京本でございます〜










うん、暇だね。










まあ、そんな時はやっぱ原宿だよね!(え?)







原宿を愛し、原宿に愛された女ー!

そう、我こそはー!

サンシャイーン!いk…((殴









イエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエエイ!!!!!!!←

















※この度は、皆様を不快な気持ちにさせてしまったことを心よりお詫び致します(ジャニーズ一同)











気を取り直して!みんなで原宿へ飛び立とうではないか☆(おい)





















『ふんふんふーん♪(鼻歌)』




「あ、あの、すいません!京本あなたちゃんですか?」




『あ!そうd…おい( ˙-˙ )』






大我「てへ♡♡←」






『てへ♡♡じゃないわ! ていうか、なんでここにいるわけ!?ここは私の庭だよ!?←』




大我「え!ここあなたの庭だったの!?気づかなかった…(天然)」







『…あー!そんなことはどうでもいいから!←お兄ちゃんは何でここ来たの?』



大我「何か、青い鳥にあなたの目撃情報でてたから、今行ったら会えるかな〜と思って!」





『…え?もう目撃情報出てるの?』



大我「そりゃ、変装全くしてないんだから当たり前だよね()」









『あ()』





大我「まあ、俺はあなたに会いに来た事だし、一緒に竹下通りめぐりましょ♡←」












この時京本は、マイペースな兄には何を言っても無駄だと察したのであった…











次回、「京本兄妹竹下通り巡るってよ」
お楽しみに!←