無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

第11話

ガール、雑誌の撮影だってよ


スタッフ「じゃあ、京本さんスタンバイお願いしま〜す!」






『あ、はーい!』






高橋「もう撮影なん?」






『うん、呼ばれたから行くわ またね〜』




高橋「おう、またな〜」






~~~スタジオ






『お願いしまーす!』






カメラマン「おう京本ちゃん!今日はちょいSexy系で行けるかい?✨」





『うっす()』




カメラマン「あ、ちなみに相手役いるよ」




『え、誰ですか?』






カメラマン「なにわ男子と1人ずつ撮るよ〜」






『…』





カメラマン「年齢順に行くから最初は丈くんね〜」




『うっす←』




~~~丈くん


藤原「あなたよろしくな〜」




『丈くん!久しぶりだね〜』




カメラマン「じゃあ最初はバックハグいっちゃおう!」


ギュッ


『どうしよう、地味に照れる(小声)』





藤原「俺もおんなじや(小声)」




カメラマン「はいOKでーす!次はっすんね〜」





大橋「あなたちゃんや!最近ケーキ巡りしとらんな…」





『確かに!また行こうね〜』






カメラマン「次は壁ドンしちゃう?」


ドンッ


『/////』






大橋「あなたちゃん照れてる?可愛ええな〜♡」





カメラマン「いいね〜OK!次は大ちゅん?」






西畑「はーい!あなたやるで〜」






『いつでもかかってこい!』






カメラマン「今度は…あ!床ドンでいこう!」


ドンッ


西畑「腕痛いねんけど←(小声)」






『夢壊さんといてや!(小声)』