無料ケータイ夢小説ならプリ小説 byGMO

前の話
一覧へ
次の話

第16話

ガール、原宿観光だってよ

『うわー!あの、あれだ、なんだっけ、虹色のふわふわ←』






大我「…あ、わたあめ?」




『それそれ!お兄ちゃんわたあめ買いに行こ!』




大我「いいよ〜お店は…「あの!京本大我くんとあなたちゃんですか!?」あ、はい笑」




ファン「うわー!大ファンなんです…!」




大我「あ、ありがt…「ありがと〜♡♡(握手)」おい笑」




ファン「あー、もう一生手洗えない…←」




大我「いや、ちゃんと洗ってね!?」




『そうだよ!?お兄ちゃんの手、菌いっぱいついてるから←』




大我「おいおいおい!」




ファン「ふふふっ笑 あの、Twitter載せても大丈夫ですか?」




大我「全然…「全然大丈夫だよ!」ねえ、毎回被せないで!?←」




ファン「あの、ほんとにありがとうございました!これからも応援してます!」




「「ありがと〜!」」








『わー、やっぱり応援って嬉しいね〜♡ あ!わたあめ発見!買っていい?』




大我「あの量食べ切れるの?笑」




『え?お兄ちゃんと食べるんだよ?()』




大我「…え?」







まあ、お兄ちゃんはチョロいから←




一緒にわたあめ食べてくれましたよ!







『あー!あのびよーんも食べたい!←』




大我「びよーん?」




『チーズだよチーズ!びよーん()』




大我「あー、チーズハットグね」




『そうそれ!あ、持ってる子いるー!どこで売ってるのか聞こ〜っと』




大我「いや、あなたちょっと待っt…「すみません!このびよーんどこで買いましたか?←」 ()」




ファン「あ、あなたちゃんですよね!?いつも見てますー!」




『ほんとに!?あ、この間のライブ来てくれてたよね!』




ファン「え、覚えててくれたんですか…?(泣)」




『もちろんだよー!ファンサしたもんね〜♡』




ファン「ほんとにありがとうございます!あ、お店ですよね、ここを進んで右に曲がったところの突き当たりのお店です!」




『こちらこそありがと〜!これからもよろしくね!』




ファン「はい!一生ついていきます!←」




『ふふっ、ありがとう!』










『あ、お兄ちゃんいるの忘れてたわ、ごめん()』




大我「大丈夫だよ、忘れられてることくらいわかってたから()」








このあと二人は無事仲直りし、仲良く食べている姿やファンへの対応によって、青い鳥が荒れるに荒れまくったのだった←