無料ケータイ小説ならプリ小説 byGMO

第7話

チーム☆After_the_Rain
まふ「えーっと…まずは有名な理科室ですかね」
そらる「は…嫌なんだけど?」
まふ「いーや!ダメです!」
まふに強引に手を引っ張られていく。
気がついたらそこは理科室。
はやい?
しらねぇって。←
まふ「え、えーっと…
骨格標本は本物の人間の骨で、独りで理科室に遅くまでいると入れ替わろうとする」
そらる「なにそれ、本当に殺すよ?」
まふ「少しは自重して下さいよ…あ、これですかね」
まふの指の先には問題の人体模型であろう物が。
ほんっっっつつと に嫌なんだけど、ねぇ。(威圧)
模型「ガガガガガゴゴゴゴコ…」
いやいやいやいやいやいやいやいや((ry
〜まふ〜
いやいやいやいやいやいやいやいや((ry
そらるさん!?
抱き着いてきたんだけどぉぉっ!?
なに!?なんなの!?
可愛いんだけど!?襲っていいですか!?←←
もう尊い通り越して辛いんだけど!?
本当にもうなんなの!?可愛いすぎて辛い!?
あの、ホーム帰ったら襲いますね!?
あなたさんも見たいですよね!?
ね!?(威圧)
そらるさんが甘々な所見たいよね!?
ほらっ!!(ここで一息)
まふ「そ、そらるさん大丈夫ですか、?」
そらる「やだやだやだ」
まふ「……Dance of flame炎の舞
模型「ぐぁぁぁ…っ」
そらる「………ぐすっ」
やだやだやだやだやだやだ((ry
死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ((ry
まふ「……だ、大丈夫ですか?」
そらる「ありが、っと…ぐずっ」
んわぁぁぁぁああああああ!←

シェア&お気に入りしよう!

この作品をお気に入りに追加して、更新通知を受け取ろう!

澪紋
澪紋
♚澪紋-lemon- ♚16歳 ♚crew ♚こたぬき ♚腐女子 ♚夢女子 ♚start 2017.8.21 ♚ファンマ➯『🍋✨』 ♚コメント見てます👐✨ ♚色々なジャンルに挑戦中👍🏻💓 ♚地味にβ版勢。← ♚え、あの、最近 双星の陰陽師にハマりました… 清弦サンイケメン過ぎて辛いです、 ♚#昔のプリ小説へ ♚#公式へ 御協力お願いします。 僕の数少ない友達 ✯みたらしサン ✯十六夜 乱サン 絶対不動の大切な幼馴染 ✯Lia
ノンジャンルの作品もっと見る
公式作品もっと見る