絞り込む
青春・学園
連載中夢小説
「貴方の笑顔に。」

「貴方の笑顔に。」

最初はずっと嫌いだった。 大好きだった遥といるのが羨ましくて。 平凡な容姿、でも、笑顔が、輝いていた。 気づけば、私は推しの遥より、あの子に目が向くようになっていた。 ……そう、「花里みのり」に。

ー 2,708文字

62
2022/06/26